ブランク看護師 就職支援セミナー

老人病院の夜勤専従

私は現在、老人病院で夜勤専従をしています。
一般病院で夜勤専従をしていた経験もありますから、それぞれのメリットとデメリットを理解しています。

 

老人病院というのは福祉系の職場ですが、福祉系の職場の中にもいろいろな種類があり、老人ホームに比べると、
医療行為が必要となる職場です。
しかし、それでも一般病院に比べれば、高度な医療技術が必要な訳ではありませんから、精神的には楽ですね。

 

医療行為をあまり必要としないせいか、老人病院には准看護師が多いのが特徴です。
老人病院のような福祉系の職場では、介護の比重が大きく、始めて老人病院で働き始めた時には、
何か物足りない気持ちもありました。

 

老人病院は、仕事内容が楽だというイメージがありますが、それは全く違いますね。
職場によっては一般病院の急性期の病棟並みに忙しいところもあります。
職場によってそれほどの差がある大きな原因は、スタッフの人数です。

 

基本的に夜勤は日勤よりも人数が少なくなりますが、多くの職場が、看護師1人で夜勤をこなしています。
看護師は主に医療行為を行っていて、オムツ交換などの介護の仕事は、介護士が行っていますが、
余裕がある時には手伝っています。

 

病院によっては、スタッフの人数が充実している所もあり、介護士と看護師の仕事が完全に分けられているとろもあります。

 

老人病院の夜勤専従は、精神的には楽ですが、介護系の仕事も強いられる職場は、体力を使う為、結構キツいですね。
福祉系の職場は、看護師が不足している状態ですが、介護士やボランティアが多く働いている職場であれば、
看護師としての仕事のみを全うできるので、働きやすいと思います。
事前に職場環境を確認する事は大切ですね。